【おすすめ記事】 意欲が問われる面接
生活相談員のやりがい

いろいろな方向から知る生活相談員のなり方を紹介

生活相談員のなり方

生活相談員のなり方

生活相談員の仕事は、介護サービスの利用者やその家族のために、契約や手続き、関係機関との連絡や調整などの窓口のような業務を行ないます。現場での介護職からさらにできることが増え、キャリアアップや収入アップを目指せます。そんな生活相談員ですが、実は資格名称ではないのです。それでは、一体どうやったら生活相談員になれるのでしょうか?生活相談員のなり方を適性、必要な資格や経験から見ていきましょう。必要な資格や実務経験は、法律などによって決められています。

  • 適性を確認

    適性を確認

    • 生活相談員のなり方

    どんな仕事にも適性はあります。「生活相談員に向いている人はどういった人なのか?」、「自分は生活相談員の適性に合っているのか?」、「生活相談員の仕事をするためには、どんなことが求められているのか?」などについて解説しています。生活相談員になっても、現場で介護の仕事をすることもあります。介護現場での仕事に抵抗がないかも適性のひとつです。せっかく生活相談員になっても、適性が合っていなければ長続きしないかもしれません。事前に適性を確認しておきましょう。

    詳しくはこちら
  • 必要な資格

    必要な資格

    • 生活相談員のなり方

    生活相談員になるために必要な資格を確認していきます。生活相談員になるための資格は、いくつかあります。そして、さらに実務経験が必要な場合もあるのです。どの自治体であるかを問わず通用する法令・省令のほか、自治体によって認められるいくつかの要件を紹介しています。その中から、介護福祉士と精神保健福祉士の資格について、どのようなルートで生活相談員になれるのかを詳しく解説します。生活相談員になるために重要な情報を理解しておきましょう。

    詳しくはこちら

よく読まれている記事はコチラ

  • 転職する際の心構え
    2018/03/01 転職する際の心構え

    生活相談員として介護の世界へ飛び込む際に大切な心構えをお伝えしておきます。高齢者の多い現場、業務中に何が起こるか分かりません。まずは「覚悟」、そして様々なギャップをプラスに転換する力が必要です。やりがいを求めて、心を定めましょう。

  • 仕事の魅力
    2018/02/21 仕事の魅力

    高齢者の介護サービスを行なうことが多い介護施設で働くこととなる生活相談員。人生の先輩となる利用者との会話から学ぶ機会があります。そして、たくさんの人とのふれあいによってつながりが生まれます。これが仕事の魅力となります。

人気記事

仕事の内容 仕事の内容
生活相談員のアレコレ

「生活相談員」ちょっと聞きなれない職種ではないでしょうか。介護職としてよく知られているのは、介護福祉士やケアマネジャーという職種ではないでしょうか。実は生活相談員は介護施設にとって、とても重要な仕事を担っているのです。そこで、生活相談員の様々な情報をお伝えしてきます。【お問い合わせ先】

Copyright (C) 2018 生活相談員のやりがい All Rights Reserved.