【おすすめ記事】 意欲が問われる面接
生活相談員のやりがい

やりがいが感じられる生活相談員の概要について

生活相談員の概要

生活相談員の概要

生活相談員についての概要を、様々な方向から紹介します。生活相談員とは、介護支援が必要である高齢者や障害者、またはその家族を対象にした様々なサポートを行なう職種です。各種介護施設などへの入所から生活に至るまでの、細かい相談や援助、介護業務を担う専任の職員でもあります。ここでは、仕事内容や実際に勤務する職場について具体的に解説します。その際に、生活相談員として働く魅力や、長く続けていくことで見えてくる、将来性についても併せて紹介していきます。

  • 仕事の内容

    仕事の内容

    • 生活相談員の概要

    生活相談員のやりがいは、受け入れの際の窓口的な役割にあります。場合によっては生活相談員が介護実務をすることもあり、臨機応変な能力が必要とされる仕事です。義務づけられている配置人数内での業務や、各方面へ連絡調整も行ないます。施設ごとで異なる対応もあり、多様な業務を担当していきます。また生活相談員は介護施設には必要不可欠な職員であり、その活躍が期待されているのです。社会的役割は大きく、充実した介護サービスを提供していくためのサポート役となります。

    詳しくはこちら
  • 活躍の場所

    活躍の場所

    • 生活相談員の概要

    生活相談員が活躍する場所は、いろいろあります。仕事の概要としては、介護職員のリーダー的な役割を任される立場です。そのため施設には必要な存在です。生活相談員は介護に関する多くの情報を持っているために、頼りにされます。利用者と介護サービスの双方の架け橋になれるように意見をまとめて、介護チームとして介護施設全体で対応していく形をつくっていくのです。活躍できる介護施設も、デイサービスやショートステイなど様々です。そして配置基準も定められているため、働く場も確保しやすい可能性があります。

    詳しくはこちら
  • 仕事の魅力

    仕事の魅力

    • 生活相談員の概要

    生活相談員は、介護業界で高まるニーズに応えられるやりがいのある仕事です。介護保険制度や施設の利用説明など、仕事も幅広く、生活相談員次第で介護施設の印象が決まることもあります。たくさんの利用者とのつながりが、この仕事の魅力でもあり、やりがいになっているのです。かけがえのない経験も多く、人間性を磨くチャンスがあります。利用者とのふれあいを通じて学び、自分を成長させることにつなげていくのです。さらに、キャリアアップが見込める仕事でもあるため、モチベーションを維持していくこともできるでしょう。

    詳しくはこちら
  • 仕事の将来性

    仕事の将来性

    • 生活相談員の概要

    仕事の将来性は、仕事探しをする上で最も重要な部分になります。介護職は給与水準も比較的低い傾向にありますが、その先にあるスキルアップを目指せる職種だと把握しておきましょう。生活相談員は、ケアマネジャーや施設長へとキャリアアップが可能で、将来性もあります。また業務経験によっても、今後の介護業界で活躍できるかが決まってきます。キャリアアップへの期待が持てる生活相談員は、人間性を高めることができ、経験を活かしていくことで将来性が持てる仕事なのです。

    詳しくはこちら

よく読まれている記事はコチラ

  • 転職する際の心構え
    2018/03/01 転職する際の心構え

    生活相談員として介護の世界へ飛び込む際に大切な心構えをお伝えしておきます。高齢者の多い現場、業務中に何が起こるか分かりません。まずは「覚悟」、そして様々なギャップをプラスに転換する力が必要です。やりがいを求めて、心を定めましょう。

  • 仕事の魅力
    2018/02/21 仕事の魅力

    高齢者の介護サービスを行なうことが多い介護施設で働くこととなる生活相談員。人生の先輩となる利用者との会話から学ぶ機会があります。そして、たくさんの人とのふれあいによってつながりが生まれます。これが仕事の魅力となります。

人気記事

仕事の内容 仕事の内容
生活相談員のアレコレ

「生活相談員」ちょっと聞きなれない職種ではないでしょうか。介護職としてよく知られているのは、介護福祉士やケアマネジャーという職種ではないでしょうか。実は生活相談員は介護施設にとって、とても重要な仕事を担っているのです。そこで、生活相談員の様々な情報をお伝えしてきます。【お問い合わせ先】

Copyright (C) 2018 生活相談員のやりがい All Rights Reserved.