【おすすめ記事】 仕事の内容
生活相談員のやりがい

介護施設には必要不可欠な生活相談員のやりがいと魅力

仕事の魅力

仕事の魅力

どのようなやりがいがあるか

昨今の高齢化社会でニーズが高まってきている介護の仕事。働く場となる介護施設も増加の一途をたどっています。そのため介護施設に最低でも1人は配置される生活相談員に、注目が集まっています。
仕事概要としては、介護保険制度や施設の説明、各種契約や手続きなどを担当します。活躍の場が多くあるのです。介護施設の顔として、やりがいを感じる部分が様々あります。反面、生活相談員の対応次第で介護施設の印象が良くも悪くもなってしまう重要な立場とも言えるのです。
基本的には、利用者と面談後に必要な支援を提供していきます。直接的にたくさんの利用者と係わることが多いため、つながりが深くなり、やりがいになっていきます。このつながりが持てることこそ、最大の魅力と言えるでしょう。

かけがえのない経験

生活相談員は介護施設などで働き、利用者とのつながりを大切にしながら業務を行なっています。もちろん利用者の家族なども含めて、出会いが広がることもあり、生活相談員の仕事をしながら自然にネットワークが広がっていくのです。人間関係も重要視される環境は、自分自身のスキルアップだけではなく業務だけでは習得できない、人間性を磨くことも可能となります。この部分は、生活相談員の仕事の魅力です。介護職は「大変」「忙しそう」というイメージを持たれることが一般的には多いですが、利用者とその周囲の人とのふれあいは癒される時間となります。生活相談員になって良かったと思える瞬間になるでしょう。
利用者の年齢を見ると、年上が多く、人生についていろいろ学ぶこともあります。自分の固執した考えを柔軟にしてくれるヒントが隠されている場合もあり、成長できる点でもあります。介護における知識も、利用者との係わりによって、介護における知識へとつながっていくこともあり、周囲との係わり方が非常に大切だと分かるのです。これこそが、かけがえのない経験になります。

キャリアアップが見込める職種

ニーズが多様化する今、介護サービスの充実をさらに定着させるために、各介護施設も対応に追われています。より専門的な知識を備えた職員を配置することで、利用者に安心感を与えられます。
具体的な職種としては、リハビリテーションの専門家「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」のほかにも、「管理栄養士」などです。その中でも生活相談員は、ケアマネジャーにキャリアアップが可能なため、今後の活躍に期待ができます。キャリアプランを具現化していくうちに生活相談員にたどり着くこともあり、目標になっています。

2018/02/21

よく読まれている記事はコチラ

  • 転職する際の心構え
    2018/03/01 転職する際の心構え

    生活相談員として介護の世界へ飛び込む際に大切な心構えをお伝えしておきます。高齢者の多い現場、業務中に何が起こるか分かりません。まずは「覚悟」、そして様々なギャップをプラスに転換する力が必要です。やりがいを求めて、心を定めましょう。

  • 仕事の魅力
    2018/02/21 仕事の魅力

    高齢者の介護サービスを行なうことが多い介護施設で働くこととなる生活相談員。人生の先輩となる利用者との会話から学ぶ機会があります。そして、たくさんの人とのふれあいによってつながりが生まれます。これが仕事の魅力となります。

人気記事

仕事の内容 仕事の内容
生活相談員のアレコレ

「生活相談員」ちょっと聞きなれない職種ではないでしょうか。介護職としてよく知られているのは、介護福祉士やケアマネジャーという職種ではないでしょうか。実は生活相談員は介護施設にとって、とても重要な仕事を担っているのです。そこで、生活相談員の様々な情報をお伝えしてきます。【お問い合わせ先】

Copyright (C) 2018 生活相談員のやりがい All Rights Reserved.