【おすすめ記事】 転職する際の心構え
生活相談員のやりがい

生活相談員になるために知っておきたい履歴書作成のポイント

履歴書の書き方

履歴書の書き方

介護職への転職成功のポイント

やりがいのある介護業界へ転職をしようとした時、必須になる書類が履歴書です。生活相談員になる採用試験でも履歴書は必要です。ある意味、履歴書は自分の分身。しっかり自分を表現できる資料として仕上げましょう。介護職に係わらず、新しい職種へ転職する場合も、何を中心に記入していけば良いのか分からない時もあるでしょう。そこで今回は、履歴書の書き方について紹介していきます。

履歴書の書き方

生活相談員を目指して採用試験を受ける場合には、履歴書の書き方にも注意しなければなりません。主な記入ポイントはいくつかあり、その中でも、まずは自分の個人情報の記入です。氏名・住所・生年月日・連絡先をきちんと記入しましょう。連絡先は、現在勤務している介護施設の情報を記入してしまう場合がありますが、これは双方の介護施設に対しても失礼なことになるため、注意すべきポイントです。
次に学歴欄です。入学卒業年度を再確認して、学校名を正確に記入していきます。これまでのすべての学歴を漏れなく記入しましょう。基本は、中学卒業からの学歴を記入します。また職歴欄についても、職場ごとに入退職した日を確認しながら記入していきます。その際に注意すべき点は、詳細な部署名も記入することです。仕事内容についても客観的に見て理解できるように、簡潔に記入します。施設名と役職名、担当業務も詳細に明記していきましょう。また保有資格についても、免許や資格はできるだけ介護業務関連の資格を記入し、自分が戦力になることをアピールできるように準備します。この時に、資格取得の時系列も再確認し、順番も間違えないようにしましょう。
最後に最も大切な部分である、志望動機欄です。ネガティブな動機ではなく、自分の成長を目的とした動機にすることで印象も良くなるので、しっかりと押さえておきましょう。

アピールポイントと注意点

履歴書は、自分をアピールする場であることを忘れてはいけません。この限られたアピールの場を最大限に活かしていきましょう。職歴、取得している資格、志望動機は、応募者全員が同じようにアピールする項目です。見方を変えれば、差をつけられるチャンスなのです。自分の中にある熱意を真摯に伝えることで、印象深い履歴書を作成しましょう。
正式書類には偽りを書けません。事実をどのようにアピールするかで、自分の評価も変わってきます。注意点を踏まえて、丁寧に分かりやすく自分自身を伝えられるように努めましょう。

2018/04/10

よく読まれている記事はコチラ

  • 転職する際の心構え
    2018/03/01 転職する際の心構え

    生活相談員として介護の世界へ飛び込む際に大切な心構えをお伝えしておきます。高齢者の多い現場、業務中に何が起こるか分かりません。まずは「覚悟」、そして様々なギャップをプラスに転換する力が必要です。やりがいを求めて、心を定めましょう。

  • 仕事の魅力
    2018/02/21 仕事の魅力

    高齢者の介護サービスを行なうことが多い介護施設で働くこととなる生活相談員。人生の先輩となる利用者との会話から学ぶ機会があります。そして、たくさんの人とのふれあいによってつながりが生まれます。これが仕事の魅力となります。

人気記事

仕事の内容 仕事の内容
生活相談員のアレコレ

「生活相談員」ちょっと聞きなれない職種ではないでしょうか。介護職としてよく知られているのは、介護福祉士やケアマネジャーという職種ではないでしょうか。実は生活相談員は介護施設にとって、とても重要な仕事を担っているのです。そこで、生活相談員の様々な情報をお伝えしてきます。【お問い合わせ先】

Copyright (C) 2018 生活相談員のやりがい All Rights Reserved.