【おすすめ記事】 仕事の将来性
生活相談員のやりがい

生活相談員として働く意欲が問われる面接について

意欲が問われる面接

意欲が問われる面接

なぜなりたいのか

介護職の中でも、やりがいがある生活相談員を目指す場合の採用面接時のポイントを紹介します。介護業界に関心が強く「介護を自分の仕事にしたい」と考えた時に、介護職へ応募する方が多くいらっしゃるでしょう。また、社会福祉関係や介護の仕事へ転職したい時には、介護を必要とする利用者の力になりたいと思ったり、困っている人の支援をして助けてあげたい気持ちが強くあります。この感情が転職する理由と言っても良いでしょう。
また生活相談員を目指している場合、介護業界には多くの職種があると気付くでしょう。介護施設で働く介護職員やケアマネジャーの違いが、最初は分からないと思います。強い意志を持って生活相談員を目指す際には、それぞれの職種の違いを理解し、なぜ生活相談員になりたいのかを押さえておきましょう。

生活相談員になる志望動機とは

実際の生活相談員の仕事内容は、介護施設の顔となって利用者に介護サービスを提供することです。職員間のコーディネーター的な役割と、必要であれば介護業務も担当する万能な立場で仕事を行なっていきます。このような活躍が求められる生活相談員になるためには、どのような状況でも全体を把握できる能力と、臨機応変さをアピールしなければなりません。ここが採用につながる志望動機となるのです。
また転職には、やりがいが感じられる職場をどのように見つけるかもポイントになってきます。しっかりとした自分なりの意思を志望動機に入れ込み、準備を進めていきましょう。

面接で求められるもの

やりがいを求めて生活相談員になる場合、採用面接では意欲と熱意と人間性が問われます。このポイントに重点を置き、採用されるポイントを確認しておきましょう。また生活相談員は、介護施設内でも利用者と接する機会が多い仕事であるため、利用者やその家族に最も寄り添う立場になります。生活相談員になる場合に重要視される人間性。面接でも人間性の部分を集中して問われることが多くなります。安心して仕事を任せられる誠実な人材を厳選するために、より細かい質問をされるのです。その際は、受け答えを明るくはっきりと自分の意見を述べて、終始言葉遣いにも気をつけましょう。
また、介護経験も大切ですが、トラブルが起きた時など、大変な事態にも耐えうるスキルが備わっているかも問われます。このように、面接の時には生活相談員になる熱意や意欲を持ち、伝えることが重要なのだと分かります。

2018/03/04

よく読まれている記事はコチラ

  • 転職する際の心構え
    2018/03/01 転職する際の心構え

    生活相談員として介護の世界へ飛び込む際に大切な心構えをお伝えしておきます。高齢者の多い現場、業務中に何が起こるか分かりません。まずは「覚悟」、そして様々なギャップをプラスに転換する力が必要です。やりがいを求めて、心を定めましょう。

  • 仕事の魅力
    2018/02/21 仕事の魅力

    高齢者の介護サービスを行なうことが多い介護施設で働くこととなる生活相談員。人生の先輩となる利用者との会話から学ぶ機会があります。そして、たくさんの人とのふれあいによってつながりが生まれます。これが仕事の魅力となります。

人気記事

仕事の内容 仕事の内容
生活相談員のアレコレ

「生活相談員」ちょっと聞きなれない職種ではないでしょうか。介護職としてよく知られているのは、介護福祉士やケアマネジャーという職種ではないでしょうか。実は生活相談員は介護施設にとって、とても重要な仕事を担っているのです。そこで、生活相談員の様々な情報をお伝えしてきます。【お問い合わせ先】

Copyright (C) 2018 生活相談員のやりがい All Rights Reserved.